知り合いの結婚のお祝いでお金が無くなり借りることに

おめでたいけれども、お金の工面に困るのはやっぱり結婚のお祝いです。ご祝儀は気持ちだとはよく言いますが、やっぱりそれなりの金額を包むべきだと思っています。

私はどちらかというと、友人が少なくて結婚のお祝いをしたのはまだ1回程度でした。その時は友人ということでご祝儀を3万円ほど包んだのですが、あまり惜しいとも思いませんでした。友人の結婚はとてもうれしいものですしね。

ですが、私自身が結婚すると、旦那の友人や親戚と、交友関係が広がったので、結婚のお祝いをする機会がとても増えました。

自分たちもいろんな人たちからお祝いをしてもらったのですが、する側はこんなに大変だとは知りませんでした。

何カ月か続いて知り合いの結婚式が続いたときは金銭面でとても大変でした。

ご祝儀はもちろんですが、結婚式となれば髪型をセットしに美容院へ行かなければならないし、服装もきちんとしたものを用意しなければいけませんし、それを自分たち家族全員分を用意しなければいけないのでとても出費がかさみました。

さすがにひと月に数件の結婚式が続いたときは、金欠になってしまい最終的にカードローンでお金を借りてしまいました。。。

 

私自身は、結婚式をせずに、家族と親戚で食事会のような形でお祝いをしていただいたのですが、それでも大変なお金がかかったと思います。

ですから、知り合いの結婚式に行くたびに周りにこんなに祝ってもらえるのは幸せなことなんだなぁと実感しました。

そんなことがあって、私は冠婚葬祭用に別に貯金をすることにしました。

お祝いごとなのに、「え~!結婚式あるの!?お金かかるじゃん!」なんて嫌な事を思わず心から祝福できるように余裕をもってお金を事前に用意しておこう!と決めました。

毎月少額ですが、貯金をしないよりはしておいた方がいざという時に困ることがないだろうと思ったのでいいと思いました。

その貯金を初めてから、親戚の方の結婚のお祝いをしたのですが、心からお祝いすることができました。

お金はかかりますが自分も祝ってもらったんだ!という気持ちを忘れすにいようといつも思っています。

 

あっ、結婚式に出席する前に脱毛に行っておかなければ。せっかく綺麗なドレスを着るのにムダ毛が伸びてたら台無しですからね。

 

レーザー脱毛 神戸

 

私はいつもこちらで脱毛処理していますよ(‘ω’)ノ

カードローンの歴史

カードローンは専用のカードを用いて取引をするというものですが、対応している金融機関なども以前に比べると増えているので、対応している金融機関を比較して選んでいくというのもポイントになります。

また、カードローンは金利が高いというイメージを持つ人も少なくないと思いますが、特に一昔前の借り入れというのは高金利での貸し付けが一般的だったこともあって借り入れをして金利が高いことで返済ができなくなるようなこともありました。

しかし、今は法律によって金利が制限されるようになっているので違法金利での借り入れをするリスクというのはかなり減っており、利用する側も安心してお金の借り入れをすることができるようになっています。

カードローンは専用のカードを用いて取引をするローンになりますが、利用においては誰でも利用できるというわけではなく、審査を受けてクリアしないと借りることができないのですが、一昔前は誰でも借りられるような時代もありました。

それをすることで借りた人が返済することができなくなり、夜逃げをすることや自ら命を絶ってしまう人などが増えたことによって上限金利を設定して貸し付けをするようになりました。

いろいろなローンのサービスがありますが、お金を借りる場合は借りたお金を返済しなければならない義務があるということをきちんと認識する必要があり、そのためにも借金をするということの意味をしっかり考えることも必要だと言えます。

その名通りカードを使ってお金を借りる事が出来ます

カードローンは専用のカードを用いることによって利用できる取引になり、一度に借りることが出来る金額などは総量規制などによって規制されることから制限があるものの、急にお金が必要になった場合などには重宝します。

カードローンを提供している金融機関はたくさんあるので事前に確認しておく必要がありますが、それぞれの金融機関で利用の条件などは異なっていることから比較して選んでいくことも必要になります。

また、カードローンという名称からも分かるようにカード有りきの取引にはなるのですが、インターネットを利用することでカードレスローンという形での取引もできるようになっているので昔に比べると多様化が進んでいる現状もあります。

カードローンを利用する場合に自分が置かれている環境などから借り入れをすることができるかどうかについて気になるという人もいるかもしれませんが、これについても借り入れ診断などのツールを活用することで把握することができます。

いろいろなローンサービスがありますが、その人によって適したローンというのは異なってくるので他のローンが利用できる場合はカードローンとの比較についても行ってどちらの方がメリットの高い取引ができるのかということもあわせて考えるようにしましょう。

また、多重債務などのリスクもあるので特にこれまでお金の借り入れをしたことがない人が新規に借り入れを検討している場合は借り入れのリスクについても考える必要があります。